これまでのFAX機器を使用する方法では、高価なFAX機器を購入しなければならない点で導入にかかる費用が割高になるという欠点がありましたが、インターネットFAXではパソコンから利用することになるためコストを削減できる点にメリットがあります。コストに関してはFAX機器だけではなく、用紙やトナーなどの消耗品も不要となりますし、送られてきた紙媒体のFAXを保管しておく場所も必要無いのです。いろいろな面でコストが削減できるインターネットFAXですが、パソコンから利用することになりますので、メールと同じ感覚で利用できる点もメリットになります。パソコンの電源が入っていなくても受信することが可能ですし、携帯端末と連携させれば外出先からでも利用することができるのです。メリットが多いインターネットFAXですが、デメリットももちろんありますので導入には検討が必要になります。FAX業者との契約により利用することになりますが、同一市内への送信では電話回線を利用したほうが安くなることがあります。また、インターネット回線の不具合があると利用できなくなりますし、外出先から利用できると行っても電波の届かない場所では利用できないといったデメリットがあるのです。

スマホとの連携も可能なインターネットFAXのメリット

FAXをインターネットから送信できるインターネットFAXには、コストを低減できる特徴がありますが、パソコンだけではなくスマホからも利用することができるメリットがあります。インターネット回線を使用してFAXを送りますので、スマホからでも送信や管理を行うことができるのです。スマートフォンやタブレットパソコンとの連携が可能ですから、外出先からでもFAXを送信できるようになるのです。独立した当初の時期は、経済的な事情からオフィスに事務員をおくことができない場合がありますが、インターネットFAXを活用すればオフィスに常駐スタッフがいなくても外出先からFAXの管理ができるようになるのです。インターネットFAXには、FAXをデータとして管理できる利便性の高さがあります。紙媒体として保管するには保管場所が必要になってきますが、パソコンを利用することでコストをかけずに管理することができるのです。インターネットFAX料金比較を見るとeFAXが格安ですね。無料で1ヶ月使えるのでおすすめです。似ているシステムにはFAX一斉送信がありますが、FAX一斉送信は費用が割高となりますのでインターネット利用したFAXには経費を低減することができる良さがあるのです。インターネットFAXは送信するだけではなく、スマホと連携すれば有効に時間を使うことができるのです。